安澤れみ【クラフト:竹細工・高知県】

SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC

安澤れみ【クラフト:竹細工・高知県】

自己紹介

京都で竹細工を学びました。竹林で竹を選び伐り出すことから始め、一本一本丁寧にひごを作り、生活の中で使える籠を制作しています。実用的と耐久性があり、たたずまいの美しい、用の美を追求した竹籠を作っています。高知オーガニックマーケットでの販売や受注生産をしています。 2019年日本民芸館展入選

出店内容

高知の真竹を使ってバスケットやザル、コーヒードリッパーなどの生活用具

お客様へのメッセージ

竹細工の制作の半分以上の時間は材料づくりに費やされます。竹を切り、洗い、割って、へいで(薄くすること)、幅をそろえ、面取りをして、裏すき(裏面をなめらかにして厚みをそろえる)をしてようやく編むことができます。非常に手間がかかりますが、このように丁寧に作られた籠は一生モノになる事と思います。

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Pin on Pinterest0